法律相談

> 採用情報 > 平鎮工場 > 法律相談

台灣晶技は永続的な発展のため、社員に対する福利や制度を、政府が決める労働基準法及びその施行細則を実施する以外に、「社員のため」及び「社員福利」を最大原則とし、会社の安定的な経営という前提の下で、でき得る限り法に定められた条件よりもより良い福利及びその実施を行うものとする。職員自身が受けられる福利を理解することを求めるものであるが、現在政府が修正を行った労働基準法及びその施行規則は以下の通りである。一、公告により周知させ、職員の福利を確保する。二、(各事業体は)自ら進んで実行するように促し、法に定められた条件より良い福利を提供するものとする。

アイテム コード 施行規則 アドボカシー TXC内部アプローチ
1 勞動基準法 勞基法施行細則  
2 營業秘密法 營業秘密法  
3 個人資料保護法 個人資料保護法施行細則  
4 就業保險法 就業保險法施行細則  
5 就業服務法 就業服務法施行細則  
6 性別工作平等法 性別工作平等法施行細則  
7 性騷擾防治法 性騷擾防治法施行細則
8 職業災害勞工保護法 職業災害勞工保護法施行細則  
9 職工福利金條例 職工福利金條例施行細則職工福利委員會組織準則  
10 工會法 工會法施行細則  
11 米国の海外腐敗行為防止法  
発言 1.実際のコンテンツを参照するために、上記の規制をクリック
2.労働委員会、職業訓練協議会に関連する詳細パスおよび各国の規制データベースクエリ

 

従業員はそれ自身の仕事上の権利について、会社現有の就業規則、従業員手帳、行為準則及びその他関連準則を参照するほか、上述法規範の熟読により、自分の権利並びに義務がさらに理解できます。このほか、必要であれば、電話或いはメールで人力資源部門の担当者及び長に回答を求めることもできます。仮に会社との間で専業の法律問題が生じた場合も、まず人力資源部門の長に問合せた後、再度会社の法律顧問に回答を求めてください。