• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 世界時間

法律相談

> 採用情報 > 重慶工場 > 法律相談

台湾晶技は持続的発展のため、福利厚生と各種制度を、政府の労働基準法、労働組合法、就業役務法、性別業務平等法、職員福利金条例およびその施行細則に従って構築するほか、「職員の世話」と「職員の福祉」を最大原則とし、会社の安定的な運営を前提に、可能な限り法定条件より優れた福利厚生を設けるようにしています。職員が福利厚生を理解するために、政府が修正した労働基準法、労働組合法、就業役務法、性別業務平等法、職員福利金条例およびその施行細則を下記のように公布します。これは職員全員に周知させそれぞれが福利厚生を逃さないようにするとともに、会社自身の自覚を促しより良い福利厚生を計画するためです。

項目 法規 施 行 細 則 教 育 資 料
1 中華人民共和国労働法 禁止使用童工規定
未成年労働者特殊保護規定
 
2 中華人民共和国労働契約法 中華人民共和国労働契約法実施条例  
3 中華人民共和国安全生産法 生産安全事故報告・調査処理条例  
4 中華人民共和国婦女権益保障法 女性職員労働保護規定
女性職員禁忌労働範囲規定
 
5 中華人民共和国労働争議調停仲裁法 企業職員の疾病または非公務負傷の医療期間に関する規定  
6 住宅積立金管理条例    
7 中華人民共和国社会保険法 公傷保険条例  
8 職員有給年次休暇条例 企業職員有給年次休暇実施弁法  
9 中華人民共和国職業病防止法 危険化学品安全管理条例
職業病範囲・職業病患者処理弁法規定
 
10 賃金支給暫定規定 企業職員最低賃金規定  
11 労働組合法    
備考 1.上記法規をクリックして実際の内容をご確認ください。
2.詳細は、労働監査大隊、労働仲裁院、全国法規データベースで検索してください。
 

 

職員は自分の権益を守るため、会社の現行の勤務規則、職員手帳、行動規定、他の規定を理解するほか、上記法規定を閲読することにより、自分の権利と義務をより一層理解することができます。必要な場合、電話またはメールで人事部門や監督者に質問することもできます。会社と関連した法的問題が生じた場合、まず人事部門責任者に連絡し、その上で会社の法律顧問からの意見を得ることができます。