事故調查管理

> 環境安全衛生 > 安全衛生に関する計画及び管理 > 事故調查管理

台湾晶技は常に「ゼロ災害」を目標にしています。不慮の事故、交通事故の職業災害処理メカニズムについては、いずれも通報と完全な調査及び改善を確実に行っていて、同様の危害再発を防止しています。また、毎月安全衛生の宣伝資料を製作し、内部ウェブサイト、電子メール、及び布告欄等で全従業員に宣伝して、従業員の安全衛生に対するコンセプトを向上しています。 交通事故については、関連部門が車両運転の安全を宣伝するほか、工場内の道路にも横断歩道及び道路分離線を設置しました。また駐車場出入り口には反射防止鏡、反射防止看板等の各種警告表示を設置して、従業員の工場内での交通事故発生を防止しています。作業場所で発生するその他の事故に対しても、関連する危害要素について必要な改善措置を行っています。例えば、設備に防護装置、警告を追加設置、或いは関連作業のSOPを修正、及び防護具の使用で、そのリスクを最低限にして、類似に事故再発を防止しています。