環境管理の具体的行動

> 環境安全衛生 > 環境保護に関する計画及び管理 > 環境管理の具体的行動

環境安全衛生管理システムは先に審査した方式で管理を行います:

 

環境考慮面の考慮:3年ごとに定期的に環境考慮面を鑑別します。また新しい化学品や機器設備を導入する等新しい製造プロセスを開発 或いは導入する際は、不定期考慮を起動させて、評価した後に適切な予防措置を採取或いは必要なコントロール方法を執行します。

法規照合:四半期毎に自主的に環境保護適用法規を収集し、半年毎にその符合性を評価します。関連する影響或いは改善すべき点に対 しては、環境考慮面の衝撃評価を展開して、その影響を最低限度に引き下げ、会社が法令、法規の要求に符合することを確保します。評価後は同時に会社内部及びウェブサイト上で公表します。

目標、標的及び管理法案の設置:当社の環境並びに安全衛生政策を具体的に実行するため、環境考慮と法規照合の鑑別を通じ、重大 な考慮面、法規不符合項目及び利害関係者の意見を選別します。これにより環境目標を制定することで引き続き改善を行い、合わせて 当社の環境効果を向上させます。


環境目標

2013年
番号 目標 目的 管理案名
1 B棟の空圧システムの消費電力を抑える 節省耗電量37.3kw 空分廠空壓機餘裕空壓回收再利用案
2 A棟「前前洗」與「前洗」製程合併 節省清洗溶劑與清洗時間 A棟XO清洗製程合併工程
3 降低廠區自來水用水量 節省自來水50-60噸 B棟純水廢水回收再利用案
4 降低B棟空壓系統耗電量及正常輪替運轉 節省電費與維修保養成本 B棟頂樓空壓機汱換工程
5 降低宿舍熱水用電度數 減少用電度數154,847KWH/年 宿舍熱泵工程新建案
2012年
編號 目標 標的 管理方案名稱
1 空壓效率測量分析 量測空壓機運轉效率暨生產線耗氣量 空壓效率測量分析
2 D棟冷風機改由溫控開關獨立控制 節省電費與延長設備壽命 D棟冷風機控制電路修改工程
3 讓同仁知道廚餘減量及環保概念 達到廚餘減量及環保宣導 廚餘減量 保健康 節能省電 護晶技活動宣導
2011年
編號 目標 標的 管理方案名稱
1 建立能源管理系統,以持續改善能源績效、能源效率和節約能源 2011年8月取得證書 能源管理系統建立方案
2 B,C棟走道燈管改為省電燈管 T8燈管改為T5燈管 燈具節能方案
3 四種廢棄物於最終處理分開存放並秤重 四種廢棄物於最終處理分開存放並秤重,各層樓進行年度垃圾減量運動 廢棄物減量方案
4 廠區內環境美化,介紹植物屬性及特色 讓員工能認識植物 設立植物標示牌方案
5 爭取推動環保的最高榮譽獎項,提昇企業形象 爭取2011年企業環保獎 參加企業環保獎方案
6 降低C棟無塵室空調用電 降低C棟無塵室空調用電9% C棟無塵室正壓控制
7 降低H棟生產廢氣造成之空氣污染 降低製程中造成的廢氣濃度 增設空污處理裝置方案
8 降低H棟生產廢水造成之環境污染 將製程中的廢水進行處理以符合要求 增設廢水處理裝置方案
9 響應綠色能源暨節能減碳 年發電量63,404度,減碳40,325kg/年(年衰減率1%) 60.95KW太陽能光電設置方案
2010年
編號 目標 標的 管理方案名稱
1 盤查2009年平鎮廠及北投廠二氧化碳盤放量 2010年4月取得ISO14064-1盤查證書 溫室氣體盤查方案
2 盤查2009年7M產品二氧化碳盤放量 2010年7月取得PAS2050盤查證書 7M產品碳足跡盤查方案
3 降低B棟冷卻水塔用水量 每月減少700M3自來水 B棟純水系統RO廢水回收再利用
2009年
編號 目標 標的 管理方案名稱
1 降低溫室氣體使用量 溫測機二氧化碳量使用量降為0 轉換溫測使用氣體方案
2 節約能源 節能65KW T8更換為T5燈具節能方案

TXCは毎月世界の環境保護関連法令や法規の変化情況(例えばWEEE、RoHS、REACH等)をフォローして、TXCが使用する材料や製造プロセス並びに提供する製品が完全に世界の環境保護要求に符合することを確保しています。新しい環境保護要求が現れたことを発見した場合、TXCのグループは直ちに全面検査並びに必要な行動計画を展開し、同時にこの要求を当社の文書「EMS011_環境管理物質管理規範」に納入して、工場内の関連する従業員及び提携する協力メーカーにこの規定を遵守するように要求します。

国際間で環境問題が日増しに重視されていることに鑑み、2010年3月31日より、環境保護衛生、エネルギー節減二酸化炭素排出削減、緑化活動等費用の支出に環境安全衛生プロジェクト・コード:PE151を設定して、客観的な数値で当社の環境に対する努力をあらわすことにしました。統計した2016年の環境支出金額は12,600,208元でした。主に環境の清掃整理、作業環境の検査、汚染防止設備運用維持等の費用に使用され 。

工場エリアの緑化措置

工場エリア内外の環境清掃整理と緑化作業に努力して、品質のよい工場エリア美化目標を達成するため、工場全体に100株を植栽し ました。

工場エリアの緑化


経済部工業局新竹工業区サービスセンターが主催する緑化里親活動に参加して、98年(2009年)度経済部工業区北区工業区管理処 平鎮工業区緑美化里親作業終了業者に選定されました。

緑化里親

因應國際綠色產品要求及溫室氣體減量趨勢,2006年成為SONY綠色伙伴(Green partner)及2007年Samsung的ECO-Partner環保理念的關係與承諾及認定程序,2008年通過IECQ/QC080000認證,遵守歐盟ROHS、EUP環保指令,建立原物料及進料檢驗體系等。自2010年開始進行溫室氣體盤查(ISO14064-1),產品碳足跡(PAS2050),2011年啟動能源管理系統(ISO50001),以做到善盡社會責任,達成永續經營之目標。