全体計画行動

> 環境安全衛生 > 環境保護に関する計画及び管理 > 全体計画行動

当社は2002年にISO 14001システムを構築し、システムの標準を通じて自主管理を強化し、環境に対する業績改善を継続することで効果的且つ適切に全体の運用を維持しています。当社は政府の法令規則及びその他国際的な規則に適用される各種の関連要求を遵守して、汚染防止に対するコントロールはいずれも法に基づいて「固定汚染源操作許可証」、「水汚染防止許可証」、「事業廃棄物清掃整理計画書」及び「毒性化学物質運用許可文書」等を取得し、且つその規定に基づいて定期的に点検、メンテナンス、申告及び検査を実施しています。本公司各項固定污染源排放總量都低於管制標準(氨氣排放總量標準0.289公噸/年、硝酸排放總量標準0.096公噸/年、揮發性有機物排放總量標準5.08公噸/年),檢測結果皆公告於本公司網站上 txccorp.com/index.php?action=g_ESH_1&cid=7

平鎮工場は2002年にISO 14001管理システムを導入しました。計画/実行/評価/改善(PDCAサイクル)管理システムの原則に基づき、定期的に検討し同時にシステム的に組織の活動/製品/サービスの過程を評することで、原材料や製造プロセス、エネルギー資源、廃棄物、資源回収再利用等の活動を効果的に管理しています。またそこから派生する環境に対する影響を探し出して改善できる機会を掌握し、社会責任に最善を尽くすことで、永続経営の目標を達成しようとしています。


エネルギー管理システムの設置

2010年に「温室効果ガス」及び「製品カーボンフットプリント」全面検査を行い、わずかに過去の二酸化炭素排出の当量を「理解」しただけでしたが、全面検査の結果、電力が全ての排出に占める割合は97.63%でした。全面検査はデータがあるだけで実際の減量行動が伴わないことから、エネルギー管理システムの設置を行い、確実な行動でエネルギー節減電力節減の効果を達成させようとしています。


平鎮工場は2011年にISO 50001管理システム(下図参照)を導入しました。計画/実行/評価/改善(PDCAサイクル)管理システムの原則に基づいて、検討と評価を行い、実際の電力使用の詳細な割合から、調整改善すべき事項を探し出し、毎年改善行動を行うことで、効果的にエネルギー節減二酸化炭素排出削減の目的を達成します。

世界的なグリーン製品要求と温室効果ガス減量趨勢に対応するため、2006年にソニー・グリーンパートナーになり、2007年にサムスンのECO-Partner環境保護理念の関係並びに承諾及び認定手続きを行いました。また2008年にはIECQ/QC080000認証を取得し、欧州連盟のROHS、EUP環境保護指令を遵守して、原材料及び入荷材料の検査体系等を構築しました。そして2010年より温室効果ガス検査(ISO 14064-1)全面検査、製品カーボンフットプリント(PAS2050)を実行し、2011年よりはエネルギー管理システム(ISO 50001)を起動させて、社会責任に最善を尽くし、永続経営の目標を達成します。

当社は政府の法令規則及びその他国際的な規則に適用される各種の関連要求を遵守して、汚染防止に対するコントロールはいずれも法に基づいて「固定汚染源操作許可証」、「水汚染防止許可証」、「事業廃棄物清掃整理計画書」及び「毒性化学物質運用許可文書」等を取得し、且つその規定に基づいて定期的に点検、メンテナンス、申告及び検査を実施しています。


汚染防止対策管理

工場にある公害防止用設備が能力を最大限に発揮するように、メンテナンスなどに関する管理書類の作成及び作業は、特定部門により行われています。各種防止対策の説明は下記の通りです:

大気汚染防止対策:現在工場内には、文式洗浄塔4台、活性炭吸着設備5台があります。汚染防止プロセスは下記の通りです。検査標準と結果は当社のウェブサイトをご覧ください平鎮廠環境安全衛生検査一括表txccorp.com/index.php?action=g_ESH_1&cid=7


大気汚染防止プロセス1

 

大気汚染防止プロセス2


水質汚染防止対策:四半期毎に排出水の水質を検査しています。今までの検査結果は全て主管機関標準をクリアしています。検査標準と結果は当社のウェブサイトで公表しております平鎮廠環境安全衛生検査一括表txccorp.com/index.php?action=g_ESH_1&cid=7



廃棄物管理

「弊社廃棄物管理法」により、工場内で廃棄物の特性により、分類、保管及び管理作業を行います。その後、環境保護機関経由で専門業者に廃棄処理やリサイクルを委託しています。

それ以外に、研磨液による水質汚染を防止する為、2009年7月10日に水質汚染防止設備を購入し、検査の結果、水汚染防止許可証を取得しました。