社員

> 社會の責任 > TXCとステークホルダー > 社員

台湾晶技の成功の秘訣は従業員同士が築く互いの信頼と尊重です。 我々は社員一人ひとりの尊厳を尊重し、開放的な気持ちでさまざまな配慮やアドバイスに耳を傾け、開いた気持ちで食い違いを受け入れます。 各福利制度に対して「従業員のケア」および「従業員の福祉」を最大の原則とし、従業員にはできる限り良質の各種福利を提供してきました。 労働者の権益を保障するため、当社は「労働者権益および倫理道徳政策」を定め、毎年労使会議中に立案する政策に修正調整の必要有無をすべて審査し、企業倫理道徳を厳守、企業社会責任に善処し、告知します。

当社は児童雇用が当事者に与える心身の影響、企業社会イメージによって生まれる負の効力を深く理解し、それにより、「行為準則」および「従業員の手引」内に未成年労働者不雇用の政策を明記し、面接過程で徹底的に行います。 台湾晶技は人々に同等のチャンスを有するという理念のもと、募集、雇用、報酬、福利、賞罰、就労分配、研修チャンス、昇級、減給、解雇あるいは退職などの事項上、会社は種族、人種、皮膚の色、身長、体重、視力、出身地、軍籍、国籍、民族、社会出身、社会階級、血統、宗教、性別、性趣向、家庭責任、婚姻状況、労働組合メンバー、如何なる国家の法律保護を受けた身分、政治様相、年齢、妊娠(出産)、身体障害、医療状況、健康診断結果、身体疾患状況あるいはこのほかに公序良俗認知の不適切な差別に従事あるいは支持をしません。 全従業員の雇用権益を保障するため、当社は従業員と制定式フォーマットの雇用契約書に従業員の権益保障として署名しています。 2014年計273名の新入社員、その中に1名のチームリーダー、1名の中堅幹部を募集し、その年齢および出身エリアは以下表のとおりです。

新進員工之來源區域比例

種類別 チーム別 男性 比例(%) 女性 比例(%)
年齢別 30歲以下 50 18 120 44
30~40 36 13 62 23
41~50 1 0 4 1
51歲以上 0 0 0 0
小計 87 31 186 68
勤務場所別 台灣 84 31 181 66.1
大陸 0 0 1 0.4
日本 0 0 1 0.4
美國 2 1 3 1.1
東南亞 1 0 0 0
小計 87 32 186 68

2014各地区の年齢分布

2014年末までに、当社の合計人数は1,040名(関連情報は以下表の通り)であり、129名の幹部うち女性は15.5%おり、地元の幹部比率は97.14%で、計35名です。

性別 年齡 台灣 大陸 日本 美國 歐洲 東南亞 總計
30以下 186 0 2 3 0 0 191
30-40 269 2 0 4 0 0 275
41-50 103 1 1 0 0 0 105
51以上 30 0 0 0 0 0 30
30以下 87 1 0 2 0 0 90
30-40 214 19 0 6 1 1 241
41-50 65 14 5 3 0 0 87
51以上 16 4 1 0 0 0 21
總計 970 41 9 18 1 1 1,040

雇用類型

種類別 チーム別 男性 女性
契約別 定期契約 7 146
不定期契約 432 455
小計 439 601
作業別 直接人員 107 409
間接人員 223 172
チームリーダー 31 8
中堅幹部 49 6
幹部 29 6
小計 439 601

有効的な募集、人材保留および人材研修を達成すべく、台湾晶技は引き続き各人材保留措置を強化し、管理制度、新入社員取材、完全多元訓練発展体系、賃金奨励管理制度、良好な仕事環境など関連層の人材保留効果を向上させ、ひいては従業員に広く深い知識を蓄積させます。2014年における従業員の平均離職率は1.78%、年度離職人数関連情報掲載は以下の通りです:

2014年離職率

種類別 チーム別 台灣 大陸 美國 日本 總計
人數 比例 人數 比例 人數 比例 人數 比例
男性 <30 40 19% 0 0% 0 0% 0 0% 40
30~40 39 18% 0 0% 1 0% 0 0% 40
41~50 6 3% 1 0% 0 0% 1 0% 8
>50 1 0% 1 0% 0 0% 2 1% 4
女性 <30 54 25% 0 0% 0 0% 0 0% 54
30~40 57 26% 1 0% 1 0% 0 0% 59
41~50 9 4% 0 0% 0 0% 0 0% 9
>50 2 1% 0 0% 0 0% 0 0% 2
小計 59 96.30% 36.2 1.39% 104 0.93% 0 1.39% 216

注意:当社月離職率の計算方法は以下の通りです。月離職人数/ [(月初めの従業員数+月末の従業員数)/ 2 ]

台湾晶技は職業系/職業等制度および実際に計画が需要な研修課程に応じて、従業員の専門知識、技能や専門を強化し、社員の素質および全体競争力を高めます。訓練課程は新入社員訓練、専門別訓練、幹部才能訓練、一般教養訓練、自己啓発成長、プロジェクト訓練およびオンライン学習プラットフォーム課程が含まれます。多様化した課程の進行方式は、課程講義の他、課程の属性に沿った設計活動、案件検討あるいはグループ討論を行い、学習をさらに生き生きと、活発かつ効果的にします。訓練課程の詳細は以下表の通りです:

課程
種類別
説明
新入社員訓練 · 新入社員は講習と部門専門の指導訓練を通して、いち早く会社を理解し、組織文化に溶け込みます。同時に適応期間を縮め、長所を発揮させます。
· · 新入社員は自身の権益が公平かつ尊重されていることを理解し、同時に人権、環境安全、情報安全、サプライチェーン安全の関連課程を提供します。例「行為準則」(Code of Conduct)、SA8000、セクハラ防止措置告発および懲戒法案、「安全検証優良企業」(AEO)、「サプライチェーン安全管理システム」(ISO 28000)、「情報安全管理システム」(ISO 27001)システムおよび「個人情報保護」、上記訓練時数計894時間。
専門別訓練 · 会社内部の各項異なる部門の長所あるいは顧客の要求に合わせた専門訓練、例えば研究開発、製造、セールス、品質保証、財務、ヒューマンリソース、購買、総務などの専門訓練を行い、専門上の知的需要を満たします。
幹部才能訓練 · 営業および管理階層幹部に対して計画する多様化理論および実務性兼具体的育成課程により、成長に必要な経営管理能力を強化します。
一般教養
訓練
· 政府の法令規定、会社全体性あるいは各階級の一般教養性課程を提供します。例:品質意識、労働者安全衛生、有害物質/グリーン製品管理システム(HSPM/GPMS)など。
自己啓発成長 · 不定期に各健康、心身成長講座を開き、社員に各方面に対する満足と成長を育ませます。
プロジェクト
訓練
· 特殊長所育成訓練。例:シックス・シグマのグリーンベルトおよびブラックベルト訓練、プロジェクト管理などの課程。

除了提供上述各項實體課程外,台灣晶技亦建置E-Training學習平台,提供同仁不受時、地限制的學習資源。


2014年、行われた訓練開講クラス数は254クラスに達し、処理時数は計1,824時間、総参加人数は延べ9,031人、総訓練時間は17,686時間に達し、訓練総経費は計1,066,713元になりました。2014年に獲得した職業訓練局の企業人材資源向上計画が発行する新台湾ドル117,000ドルの補助金額は、一年の訓練総費用の10.9%を占めます。
このほか、電子給与システム検索前の画面を通して、従業員に行為原則の大要再閲読を要求し、権利義務について理解を深めることと同時に、当社における人材資源ウェブサイト内の法律問い合わせより従業員に権益関連の現行法規として社員検索を(http://www.txccorp.com/tw/g_hr/10.html)提供することで、従業員自らが自身に対する法律の権益理解向上を確保します。

2014年各種従業員平均習練時数(2014年12月まで統計、離職人数を含む)

種類別 主管人員 直接人員 間接人員 總計
性別
員工受訓人數(A) 25 93 433 116 192 309 1168
習練人次 310 1614 1621 717 2767 5570 12599
總習練時数(小時)(B) 524 3197 1292 621 3483 8904 18021
従業員平均習練時数(小時)/人數(C=B/A) 21 34 3 5 18 29 15

台湾晶技の提供する多元化かつ競争力を持つ賃金制度は、年齢、性別、婚姻状態、政治傾向、種族などの差異にかかわらず、平均給与水準は同業者よりも高く、我々の持つ従業員と共に利益を共有する理念が優秀な人材を引き寄せ、既存の従業員を激励かつ留めます。


当社における最高個人年度所得と全従業員の年度所得中の桁の比率は740%、個人年度最高所得の年度賃金増加百分率と全従業員の年度賃金増加百分率内の桁比率は-9.30%(最高個人年度所得の比較が前年度より減少しているため、比率はマイナス値)です。各従業員の種類別報酬割合は以下の表の通りです:

各従業員の種類別報酬割合

種類別 平均給与割合
幹部 1.00 1.08
中堅幹部 1.00 1.02
チームリーダー 1.00 1.05
間接人員 1.00 1.19
直接人員 1.00 1.20

 

 

社員が安心して仕事できるよう、法に基づき提供される各保険福利および計上退職金以外に、団体保険、旅行保険、健康診断および各種健康促進活動を以て、従業員の就労および生活安全が保障されます。

このほか、労働基準法に基づいた各種休暇を与え、社員に育児、服役および重大な傷病などの状況に、比較的長い休暇が必要な場合、無給休暇を申請することで、期間満期後に復職の再申請を行えます。2014年当社には女性14名、男性1名が育児休暇を申請し、育児休暇期間終了後に復職した割合は88.89%、留保率は60%になります。

  女性 男性 總計
2014年育児休暇申請人数 14 1 15
2014年育児休暇申請人数 9 0 9
2014年育児休暇原因復職人数かつ復職済み人数(B) 8 0 8
復任率(B/A) 88.89% 0.00% 88.89%
2013年育児休暇復職人数(C) 5 0 5
2013年育児休暇復職かつ2014年在職満一年の人数(D) 3 0 3
留保率(D/C) 60.00% 0 60.00%

当社は社員に優れた労働条件と仕事環境を目標に、従業員が自在に長所を発揮でき、仕事と生活品質が均衡発展することで、会社と発展し続けられる重要なパートナーとなるのです。


開放式溝通/申訴管道

台湾晶技は従業員に法律上与えられた集会結社の自由と権利を尊重します。スムーズな疎通チャンネルを全力で提供し、会社の方針と従業員の意見を十分に交流させ、改善およびさらに優れた仕事環境の条件基準とします。

 

当社の制定する「従業員の手引」、「行為準則」、「労働者権益および倫理道徳政策」、および多元的疎通チャンネルの構築、EICCやSA8000の条文および精神に基づき、対等な方式で妥当な処理を行い、従業員関連の権益を保障することで、全社員が百パーセントの人権審査を受けます。2014年までに、児童労働者あるいは性差別、強制労働、社員による結社の自由を阻止あるいは妨害することなく、2014年に人権関連の訴訟を受けてもいません。

 

同時に、従業員の法定権益を確保するため、特定の事故に遭遇し従業員関係に変更がある場合、例えば基本賃金の調整、仕事時間の変動、給与構成の異動、収支管制措置、駐車スペースの調整、国内外の法定プログラム(国内は労働基本法およびその施行細部に準じる)および福利委員会を通して行う協調および処理に準じ、自発的方式を採用します。 関連社員に説明と報告を行い、一定期間の猶予を設け、十分な疎通を取り整合することを目的に、当社の各運営と通知プログラムを一致させます。

 

台湾晶技は従業員福利委員会を設け、各項目の従業員福利や活動を計画および推進し、心身共に健康な職場を目指しています。福利委員会は「企業文化同意カード」のスタンプラリー活動による、社員やその家族と各種イベントへの参加を奨励し、家庭の日、運動会、サークル活動、旅行、芸文などの各種活動によって、従業員が心身共にリラックスでき、仕事の効率が向上することを期待しています。仕事や生活のバランスを促すべく、従業員福利委員会は「企業文化同意カード」のスタンプラリー活動を推進し、社員やその家族と各種イベントへの参加を奨励します。


活動記録

 

員工旅遊

 

員工家庭日

 

サークル活動

従業員が自ら異なる種類のレジャーサークルを立ち上げることができ、サークル管理規則に基づいて経費補助や資源を供給しています。現在設立されているサークルには卓球部、バドミントン部、サイクリング部、バスケットボール部、撮影部、ヨガ部、ウォーキング部およびエアロビクス部などがあります。

休閒與便利設施

友好的な環境

社員に多元化レジャー施設やサービスを提供しています。フィットネスルーム、図書館貸出システム、AVルーム、バスケットボール場および卓球、ビリヤード等設備を用意し、仕事の合間に体を動かすことができ、このほかにも快適な社員食堂、宿舎およびコンビニや医務室のような各種便利なサービスが、友好的な仕事環境を作ります。

健康生活と管理

我々は『We are family』の理念を以て心身健康な職場環境を作り出そうと、医務室に駐在する医師および専門看護師に本格的な健康管理を提供してもらい、定期的に健康診断を行う以外にも不定期に各種健康促進活動を行うことで、社員の多岐にわたる健康概念を増進させ、健康的に新生活を送り、共に健康で幸せな職場を創り出します。

健康職場促進活動說明表

健康活動記録