内部監査

> 投資家情報 > コーポレート·ガバナンス > 取締役会 > 内部監査

監査室の職責は、内部コントロール制度の欠点及び運営効率の判断を調査、評価し、適時修正意見を提供し、内部コントロール制度が有効に持続するよう務め、並びに取締役会及び管理クラスを助けてその責任を履行することである。監査室組織は取締役会に隷属し、編制人数は図に示すとおり部門主管は張主任とし、その下に専員一名とする。当室では独立専門職の内部監査を採用し、定期及び不定期に業務監査、財務監査等を行い、内部コントロール制度履行の健全性、合理性、有効性を確実に評価する。

監査主管の職責

当社の内部コントロール及び内部監査制度の推進、制定追加修正とその実行。

当社及び子会社の内部監査実施の細則の制定、修正とその実行。

当社及び子会社の監査作業の対策計画、説明及びインターネットでの報告。

当社の自己検査の計画、遂行、再審査、改善、追跡及びインターネットでの報告。

当社の年度内部コントロール声明書事項の手続及びインターネット申請。

会社既定の各項制度、調整方法、計画と政策実行状況に基づく評価及び改善提案。

証券局が発布した"株式公開発行会社が作成した内部コントロール制度実施準則"の関連条文規定に基づき、分支機構及び投資転換事業に対して毎年少なくとも一回の監査を行う。

定期的に各監事に監査業務を報告し、及び取締役会に列席して報告する。

取締役会、代表取締役及び取締役監事が指示した内部コントロール案の監査業務。

当社の監査員の監督、審査、管理及び訓練。

監査員の職責

危険コントロール管理の関連性に基づき、それぞれデータの収集、調査、整理、分析、研究判断に対し責任を持って報告及び提案を提出する。

周期定期の審査の設定に基づいて監査し、毎回審査完了後に監査報告書を作成し、関連文献を検査添付し、欠点及び改善提案等を報告し、その改善状況を追跡し続ける。

会社既定に基づく各項制度、調整方法、計画と政策実行状況の審査及び改善意見。

その他臨時に提出された監査業務。

当社は、行政院金融監督管理委員会証券局が発布した「株式公開発行会社が作成した内部コントロール度処理準則」第11條規定に基づき、取締役会に隷属する監査室を設置する。現在、監査主管職務は張維漢主任が担当している。

監査室は、上述の処理準則規定に基づき、年度監査計画を設定し、該年度に於いて下記の各項監査作業マネジメントを実行し、当社内部コントロール制度の健全性、合理性及び各部門実行の有効性を評価する:
  • 売上及び代金回収マネジメント
  • 購入及び支払マネジメント
  • 生產マネジメント
  • 人的資源マネジメント
  • 融資マネジメント
  • 固定資產マネジメント
  • 研究開発マネジメント
  • コンピューターマネジメント
毎月の関連監査計画内容は下記添付ファイルのとおりである:

監査室は、証券局の規定に従い、毎月の株式運営審査及び金融派生商品の売買作業に従事し、四半期ごとに第三者への監査裏書/責務義務もしくは偶発事項/資本融資を監査する。各三ヶ月に一度に前回監査の欠点改善の追跡報告を提出する。各年度並び内部コントロール制度の自己検査作業を実施して会社の経営効果を高める。また「株式公開発行会社が作成した内部コントロール制度処理準則」の規定に基づき、監査報告完成後、翌月末前に監査報告、監査追跡報告を当社監事に陳述する。

当室は、行政院金融監督管理委員会証券局が規定した期限内に下記事項を完成してインターネットに依る報告作業を行う。
  • 十二月末前に次年度の『年度監査計画』を報告する。
  • 一月末前に当年度の『監査主管と監査員のデータ』を報告する。
  • 二月末前に前年度の『年度監査計画実行状況』を報告する。
  • 三月末前に前年度の『内部コントロール制度声明書』を報告する。
  • 五月末前に前年度の『内部コントロール制度の欠点及び異常事項改善状況』を報告する。
No Subject Download
1 2016年度内部監査計画ダウンロード
2 2015年度内部監査計画ダウンロード
3 2014年度内部監査計画ダウンロード
4 2013年度内部監査計画ダウンロード
5 2012年度内部監査計画ダウンロード
6 2011年度内部監査計画ダウンロード
7 2010年度内部監査計画ダウンロード
8 2009年度内部監査計画ダウンロード
9 2008年度内部監査計画ダウンロード
10 2007年度内部監査計画ダウンロード
11 2006年度内部監査計画ダウンロード
12 2005年度内部監査計画ダウンロード
13 2004年度内部監査計画ダウンロード
14 2003年度内部監査計画ダウンロード