• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 世界時間

コーポレート·ガバナンスのフレームワーク

> 投資家情報 > コーポレート·ガバナンス > コーポレート·ガバナンスのフレームワーク

企業管理構成

企業コード:3042企業名:晶技


  1. 当社『会社定款』中取締役席次:11名。
  2. 今期取締役会第:13回(任期:2019年6月12日~2022年6月11日)
  3. 現在まで、取締役に欠員の様子なし。
  4. 当社取締役の席次中独立取締役:4名。
  5. 毎年取締役が責任保険を購入し、現在の投資保険金額は500万USドル。
  6. 関連事項の処理を行う専任者を設け、株主や企業管理層との意思疎通かつ各種問題の即時発見と処理を保障。

    投資家担当者: Ms. Chen

    Tel: +886 03-469-8121*3256

  7. 当社独立取締役メールリンク:ウェブサイトリンク: http://www.txccorp.com/index_jp.php?action=e_company_1-1&cid=3&sid=8&id=11
  8. 当社スポークスマンへの連絡方法:

    広報担当責任者: 洪冠文 財務長

    Tel: +886 03-469-8121*3230

    広報担当責任者(代理): 張瑛楓 総経理特別アシスタント

    Tel: +886 03-469-8121*3105

  9. 当社は『公開情報観測センター』にて関連する財務兼業務情報を掲載する以外に、ウェブサイトを開設し関連情報を提供しています:ウェブサイトリンク: http://www.txccorp.com/index_jp.php?action=e_company_1-1&cid=3&sid=6&id=2

主な職責および実施の概要


当社は、2019年3月22日に取締役会の決議に通り、最高財務責任者の洪冠文がコーポレートガバナンスの管理者として指名され、「上場(店頭公開)会社の取締役会の設置および職権行使の遵守すべき事項に関するガイダンス」の適格条件を満たし、当社の財務、株式事務又は議事などの管理実務経験が3年以上に達し、コーポレートガバナンス関連業務を担当し、株主の権利や利益を保障し、取締役会の職能を強化し、主な職責として、

  1. 取締役会の議事日程を起草し、取締役会開催日の7日前に招集通知を取締役に発し、会議を招集して会議資料を提供し、議案に利益相反回避必要がある場合、事前に注意を促し、取締役会開催後20日以内に取締役会の議事録を完成させること。
  2. 毎年法律に基づいて株主総会開催日を事前に登録し、法定期間内に会議招集通知、議事小冊子、議事録を作成すると共に定款変更或いは取締役改選の時に変更登記事項を実施する。
  3. コーポレートガバナンスを実践するため毎年「取締役および支配人のパフォーマンス評価規程」に基づいて、取締役会および個々の取締役についてパフォーマンス評価を定期的に実施し、かつ少なくとも3年に1回、外部による評価を実施する。
  4. 取締役会メンバーが直ちに会社の重要情報を得るようにするため会社は、重要情報を発表した後直ちに取締役会メンバーに通知し、取締役が財務、事業などの専門知識研修カリキュラムに参加するように手配する。
  5. 内部監査・内部統制制度を実践するため、会計士、独立社外取締役、監査・財務経理管理者のコミュニケーション会議を不定期に招集する。
  6. 少なくとも年に1回は、法人説明会を開催し、かつ不定期に投資フォーラムに参加し、また投資サービスチームを設置し、投資家と多様なコミュニケーションルートを確立する。
  7. 会社定款、規制および契約で定められているその他の事項。

 

実施状況

2020年におけるコーポレートガバナンス関連業務の実施状況の重点は、以下のとおりであった。

  1. 2020年には、取締役会6回、監査委員会6回、報酬委員会5回、投資審査委員会1回が開催された。
  2. 年次の定時株主総会を開催した。
  3. 取締役会メンバーは、少なくとも6単位の研修カリキュラムを修了した。
  4. 取締役および幹部職員のため会社役員賠償責任保険を加入し、また取締役会に上申した。
  5. 第6回コーポレートガバナンス評価結果の上位6〜20%。
  6. 独立社外取締役と会計士、内部監査員等との会合が計3回あった。

 

2020年度の研修状況は以下のとおりである。

    2020年度の取締役研修状況

   2020年度コーポレートガバナンス研修状況

 

 

コーポレートガバナンスに関する法規

   コーポレートガバナンスの実務ハンドブック