企業の標識

> 会社案內 > 企業の標識

企業の標識

台湾晶技株式会社は1983年に創立し、台湾で最初の石英メーカーです。同時に、「Taiwan Crystal Company」 英語の名前を決定しました。1990年に、多角化経営のため、「TXC Corporation 」 に変更しまし。TXCという略語は会社の正式な英語の名前として今まで使用されてきました。「台湾晶技株式会社」TXCは看板、広告媒体、製品上に運用されております。しかし、毎回メディアにて表現される印象が違います。そのため、企業の標識を標準化するのは企業企画CIS (Corporate Identity System) の一つ課題になります。各標識の規格を文字化され、CIS規範に増訂しました。台湾晶技の中、英文の字体及び字形が標準された後、規範に基づき、用いられています。


標識の理念

TXC三つの字は青、白の横線で組み合わせます。青い空、白い雲の下で、太陽、活力、前向きの精神を象徴します。10本の青い線と9本の白い線の組み合わせで、「十全十美」完全無欠の意味を現れています。7本が短く3本が長い青のT字は三人で会社を創始し、七つの組織を構築されることを象徴します。さらに、三人の協力心と七大洋をまたにかけて開拓する広大な心の意味を表現します。