• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 世界時間

方針、組織、推進主軸

> 会社案內 > 社會の責任 > 方針、組織、推進主軸

企業の社会的責任を適切に推進するため、当社の「企業の社会的責任実務規則」第6条第一項の規定に基づき、現在立案されている当社の企業の社会的責任推進の方針は以下の通りです。

  1. 内部・外部のリソースの統合、各種企業の社会公益活動の推進
  2. 株主の権益を確保し、各項目の会社運営・管理要求を確実に実行する
  3. 地球の永続を守り、各項目の環境安全衛生規範を実行する
  4. 推進組織を設定し、相応のリソースを提供することで、企業の社会的責任が設定する目標を達成する
  5. 国内外の企業の社会的責任に関する法令、規定の要求に対し、各項目の推進機能を継続的に強化する

 

当社の「企業の社会的責任実務規則」については、以下のウェブサイトの18番目の項目の内容をご参照ください:http://www.txccorp.com/index.php?action=e_company_1-1&cid=3&sid=7&id=6

以上の方針の着実な実施及び執行は、会社の資源注入以外に、全てのスタッフの思いやりと精力の投入に依存し、前述の方針の効果的な推進を確保するため、台湾晶技は、社内に「企業の社会的責任管理委員会」を設置し、また総経理が総括して各部門の専門職と一緒に、各企業の社会的責任の事項を推進していく。

 

企業の社会的責任管理委員会の下に8つのチーム或いは委員会を設置することで、各自の専門分野につい業務推進を図る。以下に各チームの担当部署の幹部及びその機能を説明する。

  1. コーポレートガバナンスチーム:
    コーポレートガバナンス責任者は、コーポレートガバナンスの推進を担当し、関心を寄せる管理階層のレベルアップに用い、また対内的に関連の資源を統合してコーポレートガバナンス評価の各要求が確実かつ効果的に履行され、同時に全ての運営が法令・規制の要求に適合するよう確保する。
  2. 労使委員会:
    労使委員会は、人的資源部門が率いており、直接労使双方のコミュニケーションの担い手とし、同時に労使協議会の使用人の代表も担い、労働者側の代表と定期的に労使協議会を開くものとする。
  3. 安全衛生委員会:
    安全衛生管理室は、定期的に労働安全会議を開き、会社全体の環境安全衛生関連事項を担当する。
  4. グリーン製品チーム:
    環境保全懸念のないグリーン製品は、普遍的な価値があり、本チームを研究開発部門が担い、研究開発チームは開発中の製品について、使用する材料が各種環境保全規範に適合するよう確保する。
  5. サプライヤー管理チーム:
    当社は、電子産業チェーン内の一員であるため、RBA関連の規制を遵守しなければならない。したがって、本チームはサプライチェーン部門が担い、川上や川下業者がRBAの関連規制も遵守するように、提携する川上や川下の業者に対し宣伝及び必要な監査を行う。また、産業が遵守しなければならないAEO、OHSAS、FCPAなどの他の規格或いは法令要求事項についても、本チームが業者に宣伝する。
  6. 省エネチーム:
    省エネの低炭素社会を作るのは、現在でも産業の使命の一つであり、特に、2015年パリ気候協定が共通認識を得ており、2016年の年末に発効した後、国内「温室効果ガス排出量減少と管理法」の規制に適合するため、企業が如何にして省エネや二酸化炭素排出量を減少するかが国内産業の急務となっている。そのため本チームは、工務部門がリードし、会社の様々な省エネ活動を担当し、法令法規制の要求事項に適合することで、共同で低炭素環境のため努力する。
  7. リスク管理チーム:
    経営リスクは、環境の変化につれて加速して増大するため、如何にして制御できないシステムリスクに直面し、回避できる非システムリスクを防止するかが最も重要な責任であるため、本チームは、財務部門が関連リスクの分析を担当することで、できる限り財務面のリスクを回避する。品質マネジメントシステムについては、品質保証部門が担い、様々な緊急事態に直面し、予防策をとって迅速に対処する。
  8. ソーシャルグッド推進チーム:
    ソーシャルグッド推進チームの業務内容は、対外的な企業の社会的責任に属し、管理センターの幹部が責任者とし、各センター幹部の支援とともに、会社から与える資源を最大限に活用することで、企業イメージをアップし、必要な機関又は個人に支援できるように期待する。

 

以下は、「企業の社会的責任管理委員会」の組織図である。:

企業の社会的責任は、企業のすべての機能をカバーし、対内には法令規制を遵守し、株主の権利を守るのが主であり、対外的に川上や川下の業者を凝集し、共同で資源を提供することで、円満及び調和のとれた社会を作るのが急務とする。したがって、各チームの内部機能以外に、当社は外部の企業の社会的責任のために3つの推進基軸を設定し、内外の両方を兼ね備び、肩負うべき企業の社会的責任に遺漏がないように期待する。

 

同社のコミュニケーションチャネルは、一般的なウィンドウを設定することです。直接お問い合わせください(管理センターアシスタントチェン)

企業の社会的責任の推進について、当社は企業の社会的責任が定める方針と内容に基づき、以下の3大柱を推進の目標として制定しています。また、年間に割り当てるリソースの配分に基づき、同時に外部リソースを統合して業務を行い、全力を尽くし、企業の社会的責任が設定する目標を達成できることを期待しています。以下は設定した3大柱です:

  1. 一、 教育に力を注ぎ苗を育てる、教育の基礎を作る:
    以下の2つの活動支援を予定:
    活動支援:北投、平鎮の両地域周辺の小学校の徳、知、体、群、美の各項目の活動
    親孝行賞、進学賞の支援:会長の希望で、北投、平鎮の各地域から一部の学校を選び、各学校でそれぞれ1名に親孝行賞、進学賞を与える予定
  2. クリエイティブの奨励、研究の向上
    大学、民間団体、財団法人と共同で、論文コンクール、出版作品、印刷、法制教育、講演活動など、研究教育の掘り下げとクリエイティブな精神のサポートを推進する各種活動を予定しています。
  3. 公益救援、弱者への思いやり:
    以下の2つの団体に対し、関連の活動を行う予定:
    弱者団体:社会の変化及び生存環境の突然の変化によって引き起こされた様々な事故、また、会社周辺の弱者団体に対して適切なサポートを提供し、四里 の貧困家庭に対するサポートを行う予定です(年末、普渡、中秋節)
    社会福祉団体:孤児院、教養院(障害者支援施設)等の団体、社団法人等の各種の重大事のケア

 

関連の推進行動についても、企業の社会的責任推進委員会の責務を統括する管理部門の主管に対し、年末の取締役会で報告を行うだけでなく、日頃の実行情況及びリソースの需要について、不定期で会長及び社長に報告を行うよう要求することで、進捗情況を速やかに把握し、必要なリソースを提供します。

当社が行っている企業の社会的責任活動の中で、最も重要なものとして「教育に力を注ぎ苗を育てる、教育の基礎を作る」という項目があります。教育は国家の遠大な計画であり、人は国家の未来の発展の基礎で、良好かつ健全な教育が無ければ、優秀な人材を育てることができず、さらなる発展も期待できません。『管子』に「十年かけて木を育て、百年かけて人材を育てる」という言葉があります。そのため、当社は基礎教育の推進、そして基礎教育の教師を特に注視しています。小学校の芸術文化、体育、音楽活動等、徳、知、体、群、美のすべてにおいて、2004年に正式に当社の企業の社会活動推進がスタートして以来、現在まで13年間全力で取り組んで参りました。リソースに限界があり、能力においても十分ではありませんが、「やるべき事に全力で取り組む」という理念に基づいて全力を尽くし、台北の北投及び桃園の平鎮周辺の学校に力を注いでいます。現時点で大きな成果はあげていませんが、満足しています。

 

力を注いでいる各項目の企業の社会的責任の推進活動と実績については以下の通りです http://www.txccorp.com/index.php?action=f_social_1&cid=4&sid=11&id=2,社会的信頼性に基づき、また、このような機会によって、社員が一体となって力を合わせ、ともに社会の隅々に関心を寄せ、助けを必要とする全ての人を全力でサポートし、さらに、国民の生活条件の改善、社会の円満で和やかな雰囲気、国家の平和を促進することを願っています。今日の努力を忘れず後に帰ってくると思っていれば、注いできた思いやりや努力は必ずいつの日か実を結びます。