• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 世界時間

利害関係者の鑑別並びにコミュニケーション

> 会社案內 > 社會の責任 > TXCとステークホルダー > 利害関係者の鑑別並びにコミュニケーション

近年、国際社会が要求する下で、企業はすでに利潤極大化追求を唯一の目標にできなくなりました。1つの責任ある企業として、経営上で各利害関係者の権益及びその社会責任を同時に配慮し、その経営成果を各利害関係者と分ち合うことで、永続経営の基礎としなければなりません。台湾晶技は各部門の作業相関性に基づき、また従業員行為準則を依拠として、当社の利害関係者を鑑別し、利害関係者が関心を寄せるテーマを各部門の作業職掌及び年度計画の中に納入します。

 

台湾晶技は企業の社会責任専門部門を成立させ、企業責任に関連する活動並びに検証の推進責任を負います。この専任部門は同時に会社のその他部門のメンバーと協力して、年度計画中に計画した各種任務を完成させます。各部門には投資人関係、人力資源部、財務処、工場業務部、研究開発センター、環境安全衛生チーム、購買及び供給チェーン管理センター等の部門が含まれます。前述の関連部門は作業の相関性に基づいて、それぞれ利害関係者を鑑別し、その関心を寄せるテーマを定例作業及び年度計画の中に納入します。仮に臨時にテーマがあり、専任部門並びにグループメンバーが納入を考慮しなければならない場合も、前述部門が主導しその他の部門と協力して完成させます。

 

台湾晶技の利害関係者には、主に従業員、お客様、地域社会グループ、供給業者、政府並びに法規機構、株主様、及び競合同業者等が含まれます。前述利害関係者の鑑定は会社「行為準則」内に7項目に大別して列記されています。各利害関係者との良好な相互交流関係を維持するため、台湾晶技は「会社戦略及び検討会議」、「従業員満足度調査」、「顧客満足度調査」、「供給業者アンケート調査」、「政府法令法規」、「投資人関係及び問合せ」、「パーク管理委員会会議」等各種コミュニケーション・パイプを通じて充分に利害関係者の要求を理解して、会社の経営方向を修正します。また、年末検討会及び部門長会議の2大コミュニケーション・プロセスを通じ、上層部が日常生活で各種テーマを取得した後、利害関係者がそれぞれ関心を寄せるテーマの順序を確定します。以下に当社が提議する重要テーマ並びに各利害関係者のコミュニケーション方式及びパイプを説明します:

当社が定義した懸念事項、重要課題への対応および各ステークホルダーとのコミュニケーションチャネルを以下に説明する:

マテリアルな項目

 

サブマテリアルな項目

1 製品の品質/技術の研究開発 6 廃棄物管理とリサイクル 16 排水と管理
7 顧客プライバシー 17 労使関係
2 経営・財務パフォーマンス 8 強制労働 18 研修と教育
9 顧客満足度調査 19 児童労働
3 労働安全衛生 10 労使関係 20 非差別
11 グリーン製品/設計と開発 21 グリーンサプライチェーンマネジメント
4 有害物質管理 12 大気汚染防止 22 水資源管理
13 社会経済面のコンプライアンス    
5 持続可能なサプライチェーン管理 14 製品およびサービスのラベリング    

15

顧客の安全衛生    

 

非マテリアルな項目
23 製品のカーボンフットプリント 29 原材料の使用と再生材料 35 環境会計
24 エネルギー管理 30 人権アセスメント 36 税務方針
25 顧客サービス管理 31 結社自由與集體協商 37 グリーンロジスティクス
26 気候変動の緩和と適応 32 産業の地域化 38 保安慣行
27 サプライヤーの社会面のアセスメント 33 ダイバーシティと機会均等 39 先住民の権利
28 紛争鉱物管理 34 請負業者の管理 40 社會參與

 

ステークホルダーの重要懸念事項のインパクトバウンダリー

重要性を持つ課題 GRIトッピクへの対応 インパクトバウンダリー 掲載箇所
公司營運 顧客 サプライヤー

製品の品質/
技術の研究開発

経済パフォーマンス(201-1)
顧客の安全衛生(416-2)

TXCの持続可能な製品最適化および技術革新におけるパフォーマンスは、顧客の忠誠心と購入意欲に影響を与える。

フレンドリーな製品デザイン思考の導入は、原材料の調達とサプライチェーンの管理要求事項にさらに影響を与える。
4.3 顧客
経営・財務パフォーマンス 経済パフォーマンス(201-1)     2.1.3 経営実績
労働安全衛生 労働安全衛生(403-2)  
サプライヤーの持続可能なパフォーマンスおよびTXCとサプライヤーとの間の協力関係は、間接的に営業上の信用に影響を与えるだけでなく、社会にも直接的なインパクトをもたらす。
5.4安全衛生の計画と管理
有害物質管理 カスタイマイズ項目
製品に有害物質を使用すると、製品を使用する顧客に直接的または間接的に影響を及ぼす

サプライヤーの持続可能なパフォーマンスおよびTXCとサプライヤーとの間の協力関係は、間接的に営業上の信用に影響を与えるだけでなく、社会にも直接的なインパクトをもたらす。
5.2.2
グリーン製品またはサービスの具体的な行動とパフォーマンス/汚染防止対策の管理と維持の有効性
持続可能なサプライチェーン管理 調達慣行(204-1)
サプライヤーの持続可能なパフォーマンスは、TXCの顧客関係に間接的にインパクトを与え、私たちはサプライヤーと緊密に協力して、顧客満足を達成することを最高の目標とする

サプライヤーの持続可能なパフォーマンスおよびTXCとサプライヤーとの間の協力関係は、間接的に営業上の信用に影響を与えるだけでなく、社会にも直接的なインパクトをもたらす。
4.4サプライヤー

【●】直接的なインパクト:当該マテリアルな項目が当該バウンダリーに直接的なインパクトを与えることをいう。

【○】間接的なインパクト:当該マテリアルな項目が当該バウンダリーへのインパクトを間接的に助長する、または商取引関係によりバウンダリーに関連することをいう。

 

重要性を持つ課題 一、製品の品質/技術の研究開発
重要な理由 製品の品質と技術の継続的な改善は、企業の持続可能な経営、企業の信用評判、企業イメージの確立にとって重要な鍵である。
管理目的 情報、通信、光エレクトロニクス、自動車などの産業の周波数制御素子に必要な様々なアプリケーション製品を高品質で市場競争力のあるものとして提供し続ける。
ポリシー 世界レベルの品質を達成するため 継続的な改善を強化し、IATF16949、VDA 6.3などの様々な監査システムの要求事項および顧客の厳格な仕様などと組み合わせて、継続的に品質を向上する。市場の需要とマーケティングの構図に従って、会社の技術開発戦略と製品開発の方向性を計画し、会社の技術開発戦略と技術マップを策定し、業界に先駆けた技術で市場に必要な製品を開発する。 プロジェクト管理を確実に実行し、R&Dスケジュールを短縮し、顧客のニーズに柔軟に対応し、あらゆるビジネスチャンスを把握し、R&Dチームを強化し続け、専門研修と技術データベースの体系化を改善し、世界一のR&Dチームにまい進する。
目標 製品および納品のリスクゼロを追求し、顧客の信頼を獲得する。
2019年目標達成状況 2019年に引き続き認証を取得しているのは、品質マネジメントシステム(ISO 9001)、自動車産業の品質マネジメントシステム(IATF 16949)である。 2019年に実施された品質改善関連プロジェクトは、計22件あった。

 

重要性を持つ課題 二、経営・財務パフォーマンス
重要な理由 外部環境の変化と挑戦課題に直面して、新製品の開発と革新的な運用を継続し、競争力を強化し、生産コストを削減し、株主価値創造に力を注ぎ、社会的責任を果たすことが当社の企業経営ミッションである。
管理目的 競争力を強化し、パフォーマンスを向上させ、財務パフォーマンスの考慮事項として環境的および社会的側面を取り入れ、株主のためより高い価値を創造する。
ポリシー 透明性の高い情報を提供するため、定時株主総会や法人説明会を開催している。各製品の生産と販売の会議、各工場の生産会議も開催し、年度販売計画と目標を策定する。
目標 安定的な成長および収益。
2019年目標達成状況 台湾の石英産業ランキングの第1位。 世界の石英産業ランキングの上位5社 2019年の売上高は、前年度比で4.26%増となった。

 

重要性を持つ課題 三、労働安全衛生
重要な理由 従業員が安全で健康に働けるように配慮することは、企業の社会的責任であり、スタッフの健康と環境安全が労働の必要な条件である。
管理目的 会社のスタッフの安全意識を構築し、労働安全、健康、快適な職場環境を確立する。
ポリシー 当社は、労働安全衛生委員会を設置し、四半期ごとに作業の進捗状況を確認し、環境保全、安全衛生の事項について話し合い、職場環境の安全と衛生を確保している。 当工場の安全衛生技術を継続的に向上し、全体的な経営リスクと営業損失などを削減し、「ISO 45001労働安全衛生マネジメントシステム」の認証を取得し、工場内労働安全衛生関連訓練も関連法的要求事項に従って実施している。 工場内に診療所を設置し、産業医や常勤看護師が専門的な医療相談サービスを提供し、定期的に従業員の健康診断を実施し、不定期に健康情報(病気予防など)/講座を実施している。
目標 労働災害ゼロ、職業性疾患の予防。
2019年目標達成状況 「ISO45001労働安全衛生マネジメント」システム規格について、2019年にシステム検証が無事に完了した。 2019年の身体検査報告書の結果には、職業性疾患の事例はなかった。

 

重要性を持つ課題 四、有害物質管理
重要な理由 グリーン製品を作り、生産の人体や環境に対する危険有害性を減らし、持続的に経営する。
管理目的 引き続き生産の原料、生産の流れ、廃材等が最終消費者や自然環境に与える影響を減らし、持続可能な住まいの自然資源を守る。
ポリシー EU電気・電子機器における特定の有害物質の使用制限指令RoHS2.0(2011/65 / EU)、(EU)2015/863、電気電子機器廃棄物指令WEEE(2012/19 / EU)、パーフルオロオクタンスルホン酸指令PFOS(2006/122/ EC)、(EU)No 757/2010、化学物質の登録、評価、認可および制限に関する規則REACH(EC)No1907 / 2006指令の要求事項に従う。 IECQ QC 080000有害物質プロセスマネジメントシステムの認証を取得し、グリーン製品をユーザーに提供し続けるようにグリーン調達活動を基盤とする。製品の品質がグリーン関連の環境保全規定に適合していることを確保するため、製品における環境管理物質の使用を厳しく管理する。サプライヤーの製品は、製品の設計から製造、出荷に至るまで、不使用、混合しない、汚染がないという条件を満たすことで製品およびサービスの環境に対するインパクトを軽減することを期待するように環境管理物質向けの当社の規定に適合しなければならない。サプライチェーンのグリーン製品に対する管理を強化するため、サプライヤーは、基本的なISO 9001品質マネジメントシステムを備えた以外に、IECQ QC080000有害物質プロセスマネジメントシステムを導入することで、環境管理活動の推進を実践するよう推奨する。
目標 製品が、環境有害物質の使用の禁止と制限に関する規制および有害物質非含有管理の顧客要求事項に適合することを確保する。
2019年目標達成状況 2019年に製造された製品100%は、有害物質非含有/グリーン製品に関するHSF/GP国際環境保全規制に適合している。

 

重要性を持つ課題 五、持続可能なサプライチェーン管理
重要な理由 サプライヤーは、当社の持続可能な発展の重要なパートナーであり、マルチウィンと相互支援協力を通じて 企業の持続可能な経営および成長を共同で追求する。
管理目的 サプライチェーンの品質と供給源の安定性を向上させ、バリューチェーンの直結と協力を通じて企業の持続可能な発展の影響力を高める。
ポリシー 企業の社会的責任の要求事項と精神が当社のサプライヤーパートナーに確実に実施されるようにするため、当社のサプライヤーは定期的に「腐敗対策コミットメントレター」、「環境・労働安全衛生状況調査票」および「業界における商慣行誓約書」、「グリーン製品および環境保全宣言書」および「非紛争鉱物に関する宣言書」に署名して送り返す必要があり、サプライヤーに企業の社会的責任の範囲内で従う準拠を持たせる。 当社の関連部署は定期的にサプライヤーを評価して、サプライヤーが持続可能な発展の会社の中長期計画を満たし、関連する国際基準に適合できるよう確保することで、長期的な高品質のパートナーシップを維持する。 2011年には、政府統合システムの指導を通じて「認定事業者制度(Authorized Economic Operator,AEOと略称する)」と「サプライチェーンセキュリティマネジメントシステム」(ISO 28000)を構築し、これをもって通関優遇措置とサービスの品質やパフォーマンス向上などの実質的な成果を得るため、サプライチェーンセキュリティシステムを構築し、産業バリューチェーンに対する顧客の安全ニーズを満たすことが期待される。
目標 サプライヤーが当社の関連する要求事項とポリシーに従い、環境、労働条件、人権および社会面などに深刻または潜在的なマイナスインパクトがないように確保する。
2019年目標達成状況 2019年サプライヤーの調査結果を検証した後、すべて当社のシステム要求事項を満たしている。

企業の社会的責任管理委員会は、関連する成果データ、ステークホルダーエンゲージメントの結果およびCSRの議論と推奨事項を定期的にとりまとめ、取締役会にかけて報告および確認する。2019年度のステークホルダーとのコミュニケーション状況は、2020年12月29日に取締役会に報告した。近年の各カテゴリーのステークホルダーとのコミュニケーション状況や報告内容は、以下のとおりである:

ステークホルダー コミュニケーション課題 コミュニケーションの方式とチャネル 頻度 2019年の実績
従業員

給与と福利厚生
従業員のキャリア開発
労働安全衛生と健康
会社のサステナビリティ

年次従業員満足度調査 計1回
給与調査 不定期 募集や収集を通じてインターネット情報等を複数回。
上級管理職のメールアドレスとホットライン 不定期 苦情を受けていなかった
従業員の座談会 不定期 頻繁に開催
従業員意見箱 不定期 計1回
提案改善メールアドレス 不定期 計29通
従業員の福利厚生会議 不定期 共4次
中間/年末の検討会 半年 計2回
部門会議 不定期 頻繁に開催
労使会議 四半期ごと 計4回
環境安全衛生委員会会議 四半期ごと 計4回
顧客 製品の品質
製品価格
社会的責任の履行
顧客関係管理
顧客満足度調査 計1回
顧客向け各種アンケート 不定期 計26回
サプライヤー自己評価アンケート 不定期 計150件
ベンダーおよび第三者の監査 不定期 外部顧客監査:20社(品質/ HSFシステム)。第三者認証監査:6回
電話によるコミュニケーション 不定期 頻繁なコミュニケーション
顧客が開催する会議 不定期 頻繁に開催
地域コミュニティ団体 地域コミュニティへの配慮
環境安全衛生管理を確実に実施する
社会的責任の履行
会社のサステナビリティ
お正月や節句に会社の近所の里長を訪問する 近所3つの隣里と協力する
コミュニティのマイノリティグループの賛助に参加する 不定期 7社のケア機構と協力する
コミュニティの小中学校を賛助する 不定期 計延べ99人の4ヶ所の中学校と小学校を賛助する
会社のウェブページは、利害関係者が参照できるように、温室効果ガスと環境および安全衛生に関する詳細なポリシーを提供している。 不定期 2018年温室効果ガスレポートのウェブページでの開示および出版
サプライヤー サプライヤー評価 製品の特長 注文の継続性 財務パフォーマンス 「サプライヤーシステム評価監査シート」、「サプライヤーGPシステム評価シート」、「温室効果ガスインベントリ」、「企業の社会的責任」、「調達および請負業者の安全衛生規範」、「環境・労働安全 衛生状況調査票」などの要求事項等のトピックについて、サプライヤー研修カリキュラム、アンケート調査および会社のウェブページでの通達を不定期に実施している。 不定期 RBA協定書への署名は計105社完了した
政府および規制機関 規制適合性 環境保全 納税義務の履行 政策への協力性 各主務官庁との良好なインタラクションを維持する 不定期 頻繁なインタラクション
公的機関からの公式文書の受信と応答 不定期 公式文書の受信と応答は、計150通
事業活動と経営実務 不定期 ウェブページと年次報告書で完全に開示する
関連する規制研修に参加する 不定期 研修参加は、延べ2,269人に達した
適合性を維持するため規制サーチを実施する 四半期ごと 計4回
株主/投資家 持続可能な発展戦略
コンプライアンス
財務パフォーマンス
企業の経営・統治 リスク管理
取締役会 四半期ごと 取締役会を7回開催した
株主総会 四半期ごと 1回開催
法人説明会 不定期 8回開催
毎月の売上高および自ら決算の告示 毎月 計12回
財務報告書 四半期ごと 計4回
会社ウェブサイトの投資家向けページ 不定期 ウェブページの情報は、54回更新された
公開情報観測ポストシステムサイトで重要な情報を開示する 不定期 42本発表した
コーポレートガバナンス評価に参加する 毎年 毎年10月から翌年1月まで
メディア 企業の経営・統治 株主総会 四半期ごと 1回開催
法人説明会 不定期 8回開催
外部コミュニケーション用メールアドレス 随時 頻繁なインタラクション
ニュースリリース 不定期 随時更新

 

当社のコミュニケーションチャネルでは、単一窓口を設けて対応しますので、直接当社の (管理センター陳次長)まで連絡してください